看護部会ご案内

看護職の皆様へ

 口腔ケアを行っているときに、「有効な口腔ケアってどんなもの?」と思ったことはありませんか。口腔ケアは、単なる口腔衛生維持のためだけではなく口腔機能の維持、増進、回復をはかり、その人らしい生活を支える重要なケアです。


 看護職が行う口腔ケアは、病気であろうとなかろうとあらゆる年代の個人、家族、集団、地域社会を対象とし、超急性期治療機関から療養施設、そして公衆衛生活動等のあらゆる場でおこなわれます。自信をもって口腔ケアを行うためにエビデンスも含めて一緒に学びましょう。


 口腔ケア学会には、現在(令和2年)約8,100人の会員がいます。看護職(看護師・保健師・助産師)、歯科医、歯科衛生士、言語聴覚士など様々な職種が参加し、交流の場となっています。そのうち看護師は約1800人在籍しています。


 この学会では、看護職による日頃の研究の成果発表の場となっていたり、口腔ケアの教育講演や技術セミナーが多く行われたりしており、日々のケアに役立ちます。日本口腔ケア学会認定資格試験もあり知識の確認とともに資格を得ることができます。

 国際口腔ケア学会の会員にも同時に無料で入会でき、日本にいながら国際学会に参加できます。初めての英語の発表や論文作成でも学会から英文翻訳業者の特別団体割引制度や科学研究申請などこまやかなサポートや医療事故団体割引保険もあります。
 また、上記の支援制度の他に顧問弁護士の無料相談サポートもあるのに、年会費が他学会より安いので経済的負担が少ないのも魅力です。

 口腔ケア学会に入会して多職種の仲間と質の高い口腔ケアの実践を行いましょう。
(1年目)入会金2,000円+年会費3,500円=計5,500円、
(2年目以降)年会費3,500円(口座振替の場合)

★看護部会
●会長:東野督子
●副会長:水谷聖子
●委員:道重文子、坂下玲子、大野晶子、大谷喜美江、鈴木紀子、小西美智子、山田静子、今里佳代子、佐伯香織、江尻晴美

★看護部会へ入会を希望される方は、こちらからお問合せください